演フェス2019公演スケジュール

「三人寄れば、文句の杖」  劇団あおきりみかん

豊川市自主事業公演

稲荷神社のある穏やかな町。その町の裏路地のちょっとした広場。着ぐるみに身を包んだ女3人がいつものように集まっている。今日も今日とて必死に生きる、悩み多き女たちと不思議な杖の、出会いと再生の物語。

日時

8月3日(土)15:00開演
※開場は、開演の30分前となります。

チケット料金(前売り) 5月27日㈰発売

一般   2,500円  24歳以下 1,000円
一般ペア 3,500円  一般トリプル 5,500円

会場

ハートフルホール(豊川市御津文化会館)

お問い合わせ

豊川市文化会館 0533-84-8411
※24歳以下:年齢確認が出来るものを必ず提示下さい。

「ネタ、オキタ。ハジマッタ、」 『今さら』劇団部

ここは地下室。ヤクザなプロモーターの元で漫才のネタを考える……いや、考えさせられる女芸人コンビ、レイワステップ。
(女1)「いや、タイガーマスクやないねんから。」
(女2)「虎の穴!って、今の子らは分からへんやろ!」
(女1)「何でやねん。伊達直人やん。」
(女2)「より分らんわ!ランドセル送ってくれる人やん。」
(女2)「ランドセルゆうたら……」
このネタを引っ提げてレイワステップは寄席を爆笑の渦に巻き込むことが出来るのか!『今さら』劇団部は劇場を感動の渦に巻き込むことが出来るのか!?  6年ぶりの吉田竜太郎書下ろし!  ※この漫才台本は本編とは一切無関係です。

日時

8月10日(土)14:00開演  19:00開演
8月11日(日)11:00開演  15:00開演
※開場は、開演の30分前となります。

チケット料金

前売り 1,500円  高校生以下 1,000円  当日 +300円

会場

ウィンディアホール(豊川市音羽文化ホール)

お問い合わせ

『今さら』劇団部 090-4229-5722(劇団 大石)
東三河演劇祭実行委員会 090-3954-0664

市民朗読劇「ハイネさん」豊川海軍工廠をめぐる物語 豊川市自主事業公演

豊橋の町医者の娘である白井波子は、幼い頃から本だけが友だちという孤独な少女だった。
女学校で禁止された西洋文学を隠れて読み「文弱波子」と揶揄されていたが、東京からの転校生、宮本拝音(はいね)と本がきっかけで親友になる。
戦況が厳しくなった昭和19年、女学生たちは豊川海軍工廠へ学徒動員され、武器や弾薬の生産に携わることに。
食糧も乏しく、油まみれの厳しい労働のなか、西洋文学を盗み読み、語りあう二人に、運命の日8月7日が訪れようとしていた……。

第21回日本自費出版文化賞小説部門賞を受賞した住田真理子著「ハイネさん〜豊川海軍工廠をめぐる4つの物語」を深作健太さんの構成・演出で朗読劇に仕上げました。地元市民からオーディションで選ばれた出演者が鈴木綾子さんのピアノの音色に乗せてお届けします。

また、公演当日の2日間、13:00よりロビーにて「被爆ピアノ」によるロビーコンサートを開演します。広島の原爆から今に残ったピアノを鈴木綾子さんの演奏で。

日時

8月24日㈯ 11:00開演 15:00開演
8月25日㈰ 11:00開演 15:00開演
※開場は、開演の30分前となります。

チケット料金

一般   1,500円  24歳以下 1,000円
一般ペア 2,000円

会場

ウィンディアホール(豊川市音羽文化ホール)

お問い合わせ

豊川市文化会館 0533-84-8411
※24歳以下:年齢確認が出来るものを必ず提示下さい。

「ALICE(アリス)&ミュージカルショー」 劇団M.M.C

ルイス・キャロル作「不思議の国のアリス」と「鏡の国のアリス」織り交ぜたオリジナルストーリーのミュージカルです。早く大人になりたいと願う夢見る少女アリスは、ずば抜けた想像力の持ち主。ある日の昼下がり、白ウサギを追いかて鏡の中に迷い込んでしまったアリスが出会った不思議な生き物たちは、アリスに謎かけのような不思議な言葉で話しかけてきます。アリスは無事おうちに戻れるのでしょうか?アリスと不思議な世界のへんてこな生き物たちとの出会いの中に、“ちゃんとした大人になる”ためのヒントが散りばめられたお話です。  そして、ミュージカルショーでは、世界的にヒットしたミュージカルより、珠玉のナンバーを歌い踊ります。メンバーたちの大挑戦に、乞うご期待!

日時

8月31日㈯ 18:30開演
9月1日㈰ 13:30開演
※開場は、開演の30分前となります。

チケット料金

前売り 2,500円  当日 2,800円

会場

ハートフルホール(豊川市御津文化会館)

お問い合わせ

劇団M.M.C 03-5600-5787(劇団 原・月~土 13時~17時)
東三河演劇祭実行委員会 090-3954-0664

「この道は いつか来た道」 陽炎座

演劇フェスティバルが始まって早10年、色々な事がありました。苦しくもあり、楽しくもあるなかで、『陽炎座』の仲間も徐々に増え嬉しい限りです。そンな私達が今年度上演致しますのは現代劇です。「エッ?陽炎座って時代劇の劇団でしょ!?」と思われた貴方。いへいへ、そンな事はございませン。『陽炎座』その母体となった『激弾・影狼』は現代劇でもって第1回演劇フェスティバルに初登場しております。今回は10年をひと区切りにその原点に立ち返り、別役実の二人芝居を「one plus one」シリーズの第1弾として御津生涯学習会館内『劇場モノリス』にて上演致します。

日時

9月21日㈯ 13:00開演 17:00開演
9月22日㈰ 11:00開演 14:00開演
※開場は、開演の30分前となります。

チケット料金

1,000円(前売り・当日券同料金)

会場

御津生涯学習会館(1階 集会室)

お問い合わせ

陽炎座 陽炎座 090-1233-1579(劇団・金沢)
東三河演劇祭実行委員会 090-3954-0664

こちらもチェック!

こっちもチェックしてみて!

Twitter でフォロー

公開日:
最終更新日:2019/07/09