企画作品 市民劇ようかん

出演者募集のお知らせ

2017年も、企画作品のキャスト募集を行います。
今年は、手筒花火を題材とした市民劇です。
今回も、出演希望者に向けて説明会を開催しました。

現在、脚本調整中。

キャスト発表までもう少しお待ちください。

 演フェス企画作品「ようかん」脚本・演出 天野順一朗プロフィール

1984年7月24日生 愛知県豊川市出身 日本劇作家協会会員・劇団「放電家族」代表

主な出演作品

NHKドラマ10 「愛おしくて」(2016年)・BSプレミアム三重発地域ドラマ「ラジカセ」
CBCラジオ「吉田山田のネガティブを押し出せ!!!」
NHK名古屋放送局開局60周年記念生放送ドラマ「喜劇 娘が嫁ぐ日」 他多数

主な受賞歴

G/PITチャレンジフェスティバル2012グランプリ受賞
G/PITチャレンジフェスティバル2015グランプリ受賞
第2回名古屋演劇杯 大賞受賞


新城東高校入学後、活動していなかった演劇部を再興。顧問・後藤幸子より芝居の基礎を学ぶ。高校3年生時には自ら作・演出の作品により、創部3年目にして愛知県代表として中部日本高校演劇大会に出場し、奨励賞を受賞。
卒業後、東三河を拠点とする演劇集団〆切非常事態を旗揚げ。以降ライフワークとして継続して活動に参加している。
2007年には名古屋を拠点とする劇団「放電家族」を旗揚げ。
日本劇作家協会東海支部に入部して以降は、劇作家・佃典彦に師事。演出・演技・劇作の技法を学ぶ。演劇講師として後進の育成にも力を入れており、多くの俳優・声優の卵を指導、業界に送り出している。
近年では最も注目されている名古屋の若手俳優のひとりとして、舞台のみならずラジオドラマ、テレビドラマと着実に活動の場を広げている。家では、2歳の男の子のお父さん。

こちらもチェック!

こっちもチェックしてみて!

Twitter でフォロー

公開日:
最終更新日:2017/05/22