企画作品 市民劇ようかん

アフタートーク 緊急決定!!

市民劇ようかん 9月24日㈰13:00の公演後、

なんと、なんと!
劇団あおきりみかん主宰の鹿目由紀さんのアフタートークが決定しました!

お時間がある方はどうぞ、聞いていってください!

興味がある方は、9月24日㈰13:00のチケットを、ご購入ください。

鹿目由紀(かのめ ゆき)プロフィール

1976年、福島県会津若松市生まれ。劇団あおきりみかん主宰、劇作家、演出家。南山大学文学部卒。名古屋市在住。2008年、日本劇作家協会東海支部プロデュースの短編芝居コンクール「劇王」で四年連続優勝。『劇帝』の称号を得る。2010年、第16回劇作家協会新人戯曲賞を受賞。その他、若手演出家コンクール優秀賞、第26 回名古屋市芸術創造賞、平成22年度愛知県文化選奨、第18回 松原英治・若尾正也記念演劇賞など、受賞歴多数。「おそ松さん on STAGE ~SIX MEN'S SHOW TIME~」、「朗読劇 HAKUTO」(演出 鴻上尚史 出演 中山美穂 中村メイコ 吉田照美)など外部脚本も多数手掛ける。テレビドラマ、ラジオドラマ脚本、新聞コラム連載など幅広く活動。日本劇作家協会東海支部・事務局長。日本演出者協会会員。

市民劇ようかん チラシできました。

表面。

手筒花火のように派手に仕上がっております。

裏面は、この通り。

チラシには入っておりませんが、
この舞台はフィクションです!
架空の町を舞台とした、過疎エンターテインメントとなっております。

「ポリ町」は実在しません!

 

チケット発売中!

 

市民劇ようかんのチケット、発売しました!

公演場所:ウインディアホール(音羽文化ホール)

公演日時:

9月23日(土) ①14:00開演 ②19:00開演
9月24日(日) ③13:00開演 ④17:00開演

前売り 一般 2,000円 中学生以下 1,500円 (当日は̟+500円)

チケットのご予約はコチラから。

 演フェス企画作品「ようかん」脚本・演出 天野順一朗プロフィール

1984年7月24日生 愛知県豊川市出身 日本劇作家協会会員・劇団「放電家族」代表

主な出演作品

NHKドラマ10 「愛おしくて」(2016年)・BSプレミアム三重発地域ドラマ「ラジカセ」
CBCラジオ「吉田山田のネガティブを押し出せ!!!」
NHK名古屋放送局開局60周年記念生放送ドラマ「喜劇 娘が嫁ぐ日」 他多数

主な受賞歴

G/PITチャレンジフェスティバル2012グランプリ受賞
G/PITチャレンジフェスティバル2015グランプリ受賞
第2回名古屋演劇杯 大賞受賞


新城東高校入学後、活動していなかった演劇部を再興。顧問・後藤幸子より芝居の基礎を学ぶ。高校3年生時には自ら作・演出の作品により、創部3年目にして愛知県代表として中部日本高校演劇大会に出場し、奨励賞を受賞。
卒業後、東三河を拠点とする演劇集団〆切非常事態を旗揚げ。以降ライフワークとして継続して活動に参加している。
2007年には名古屋を拠点とする劇団「放電家族」を旗揚げ。
日本劇作家協会東海支部に入部して以降は、劇作家・佃典彦に師事。演出・演技・劇作の技法を学ぶ。演劇講師として後進の育成にも力を入れており、多くの俳優・声優の卵を指導、業界に送り出している。
近年では最も注目されている名古屋の若手俳優のひとりとして、舞台のみならずラジオドラマ、テレビドラマと着実に活動の場を広げている。家では、2歳の男の子のお父さん。

こちらもチェック!

こっちもチェックしてみて!

Twitter でフォロー

公開日:
最終更新日:2017/08/23