東三河演劇フェスティバル!!

※このチラシは「演劇フェスティバル2016」のものです。

毎年、夏から秋にかけて行われる、東三河演劇フェスティバル。
今年で8回目を迎えます!

2010年「東三河演劇祭」として開催。

東三河で市民を中心とした演劇活動の活性化と振興を目指して、地元劇団および有志の参加を募り、
この演劇祭から地域の新しい創造と、その担い手を育てることを目的として開催されました。

2012年「東三河演劇フェスティバル」に名称変更。

開催から3年目の2012年。
観客動員も増えたところで、より親しみを感じてもらおうと、
「東三河演劇祭」から「東三河演劇フェスティバル」(略して「演フェス」)に名称変更しました。

 

東三河演劇フェスティバルの企画作品

2011年 豊川海軍工廠を題材とした「残された夏へ」を市民公募で集まった皆さんと上演。

2012年 豊川海軍工廠、豊川女子挺身隊を題材とした「豊川女子挺身隊」を市民公募により集まった皆さんと上演。

また、劇団M.M.C代表 天野まり演出による市民ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」も上演。

2013年 豊川の劇団『今さら』劇団部+市民というメンバーで「アパートの神様」を上演。ゲストとして、「豊川市宣伝部長 いなりん」が出演したことで、話題となりました。
また、豊川市制70周年記念作品 痛快!昭和歌謡ミュージカル「弥次&喜多~らぷそてぃ イン 豊川~」を市民公募で集まった皆さんと上演。

2014年 〆切非常事態メンバー+市民による「project〆KIRI」を立ち上げ、「三河弁なんちゃってミュージカル Scramble」を上演。

2015年 海軍工廠空襲から70年。再び海軍工廠を題材とした舞台を上演。作・演出 伊沢勉。キャストは東三河の市民で公募。
小学生から体験者の方まで、1500人を超える方にご来場いただきました。

2016年 豊川市のに伝わる力寿の桜にまつわる民話を基に、「力寿(りきじゅ)定基(さだもと)~穂の國三河の物語~」を上演。
この作品も、キャスト、スタッフを市民公募して上演されました。

dscn7443             力寿と定基~穂の國三河の物語~より 
音楽劇ということで劇中で使われた曲は、豊橋出身のTAKAさん(TAMTAM)によるオリジナル曲。
豊橋市出身の鳥居久美子先生による振付、ダンス指導により、華やかな舞台となりました。

2017年の企画作品テーマは「手筒花火」

2017年も、市民公募で集まった皆さんと舞台を作りあげます。
脚本、演出は天野順一朗氏

ただ今キャスト募集中!詳しい内容はコチラ→市民劇ようかん キャスト募集!

 

舞台公演だけじゃない!演フェスワークショップ

地元劇団を中心とした舞台公演だけにとどまらず、地元出身の役者や、舞台制作会社によるワークショップも、演フェスならでは。
高校生を対象にした舞台公演ワークショップに始まり、一般の方も参加できる地元劇団による演劇ワークショップも行われました。

また、映画監督でもあり、舞台演出も手掛ける深作健太氏による演劇ワークショップも2年連続で開催しています。

今年も、舞台役者、舞台制作・舞台演出家によるワークショップを予定しています。

 

こちらもチェック!

こっちもチェックしてみて!

Twitter でフォロー

公開日:
最終更新日:2017/03/10